プロポリスの最新情報をお届け!
メインイメージ

プロポリスは医薬品扱いできるのか

ネットやテレビショッピングなどでは、おなじみのプロポリスは、ミツバチの巣材から抽出した樹脂製の混合物です。
その医療的な効果は、抗菌・抗炎症・医薬品の効果を高めるといったことまで、幅広い効果で知られています。
天然の抗生物質といわれ、ヨーロッパ圏では古来から医療用として用いられてきたプロポリスは、現在も医薬品として取り扱う国があるほどです。

日本でこのプロポリスを購入しようとすると、店頭で取り扱う店はドラッグストアが主流になります。
ですから、このプロポリスを医薬品だと思う方も多いのではないでしょうか。
けれど日本では、プロポリスそのものの服用は民間療法の一つとされていて、医薬品扱いではありません。
このようなプロポリスは健康食品に分類されていて、医療控除も対象外になっています。

ですから、プロポリスを扱う業者もおおやけに、プロポリスの効果・効能を宣伝することはできないのです。
しかしながら、せっかく効果の実績が出ているプロポリスなのですから、医薬品として利用したいと思う方も多いことでしょう。
プロポリスは、薬との組み合わせによっては合わない場合もありますが、がん治療の他、病気の治療前後の対策など、医師の指導があれば、このプロポリスを医療費控除の対象にできるケースもあります。

プロポリスは価格が高いけれども、治療の一環として利用したいと考える方は、医師に利用を相談してみるとよいでしょう。

トップに戻る