プロポリスの最新情報をお届け!
メインイメージ

プロポリスの産地と抽出法

プロポリスは働き蜂によって作られた有効成分の一つとして注目されています。
プロポリスは、液状化されたものでスポイドのようなもので吸い上げて摂取します。
プロポリスは最初から液状のものではなく、ワックス状になった塊から有効成分だけを抽出しなくてはいけません。
抽出方法にはいくつかあり、最も適している方法としてはアルコール抽出法があげられます。

この原材料には樹脂が使用されているので、油分をとかすことが必要です。
それに最も適しているのがアルコールです。
プロポリスの有効成分をしっかり抽出することができ増すが、その分の醜さを感じる人が多いです。
アルコール独特の成分があり飲みにくいと感じる人が多いのがでメリットです。

そのほかにも水を使用した抽出方法もありますが、水ではとけきらない有効成分が多いのがデメリットです。
その代わりアルコールを使用していないので、飲みやすいというメリットがあります。
またもう一つの方法にミセル化抽出法があります。

これはアルコールで抽出してグリセリンで溶解させて有効成分を抽出する方法です。
飲みやすく有効成分も抽出されていますが、グリセリンが界面活性剤なので有害物質を体内に取り入れることになってしまいます。
これらのことから最も有効成分を抽出しやすく、手軽に行える方法でアルコール抽出が主流になっています。
また原産地としては、一番注目されているのがブラジルです。

ブラジルは高温多湿な地域です。
一年中気温が高く雨季と乾季の繰り返しです。
一定の気温であることは生物としてはすごしやすいですが、ミツバチにとってはウィルスや害虫が繁殖しやすいという危険があります。
蜂の巣は特に常に自然の影響を直接受けてしまうので、より強い蜂の巣を作り上げなくてはいけません。

なのでブラジルで採取されるプロポリスは、より殺菌効果http://www.lyricsfirst.com/frab.htmlが高いのが特徴です。
同じミツバチでも、過酷な環境であれば、その分自己防衛力が高まり、良質なプロポリスを作りあげます。
そのほかには、ドイツなどをはじめとするヨーロッパが原産国のプロポリスも多いです。

プロポリスはどんなミツバチでも作りあげる成分ではありません、
セイヨウミツバチしか作り出せず、最も多く生息するヨーロッパでは昔からプロポリスが民間薬として愛用されています。
良質なプロポリスを選ぶポイントは、原産国をしっかり押さえておくことも必要になります。

トップに戻る